2017年07月 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.11.04 (Wed)

ビザ申請~もう泣きません!~

行きます行きますと言って今日まで延びてしまいましたが、
やっと重い腰を上げて行ってきました。

東京在住なのでもちろん東京の申請センターに行くんですが、
念のため「インドビザ 申請」でググって
在インド大使館のホームページをチェックしたんです。

場所は茗荷谷で間違いない!と思っていたんですが、
念には念を入れて大使館所在地をチェック。

あ、あれ?九段下?!

いやいやいやいや、それはない!だって、去年は確かに
茗荷谷で申請したはず。あっれー?場所変わったのかな・・・。

「そんなことないっしょ」と思う人もいるかと思いますが、
2007年にビザの申請場所が東京麹町から茗荷谷に変わっています。
前科があるだけに、可能性は否定できないと、こう思うわけです。

移動式申請センターか!と思いましたが、だーいじょうぶ大丈夫。
ここはまだ日本だし、大使館に電話すれば一発でわかるはず!

03のうんたらかんたら~ピッ!

「Thank you for calling. This number is.....」

・・・ピッ。

え?なんでこの人英語なの?ここはもう日本じゃないの?
03からの電話番号に英語で出るってどういうこと?
責任者出て来いや!

そうこうしているうちに時間は刻々と過ぎていく。
ちょっと悩もう、と、お風呂に入りました。さっぱりです。

髪の毛を乾かしたところで再チャレンジ!負けるかー!!!
03のうんたらかんたら~ピッ!!!

結論から言うと、これはテープの音声で、
英語のアナウンスの後にちゃんと日本語のアナウンスが流れました。
なんだよ、もう。脅かさないでよ・・・。

機械の女が「ビザに関するお問い合わせは011を押してください」と言うので、
011を押してしばし待つ。

待つ。

・・・待つ。

「ただいま不在です。しばらく経ってからおかけ直しください。」

え?今日って平日じゃなの?大使館って不在でいいの?
一抹の不安が心をよぎる。で、一瞬で立ち直る。

「ま、いっか。茗荷谷行こう。」

時刻は14時半。16時までに申請しなくてはならないので、
ひとまず家を出て茗荷谷に向かうことに。
九段下だったら明日行けばいいや、と思っていました。

そして茗荷谷着。
確か春日通り沿いだったので、駅員さんにこう尋ねました。

「すみません、ハルヒ通りは何番出口ですか?」

すると駅員さんはこう答えました。

「あ、カスガ通りね。」

あぁーそっかなるほどね!








こっちじゃなくて
haruhi.jpg

こっちね!
kasuga.jpg



あいーたたた・・・。

もう、日本語もだめかもしんねぇ・・・と
落ち込みながら申請センターまで
とぼとぼと歩きました。

秋って、寒いんですね。

歩いていくと、見慣れたものがヒラヒラしていた。
あれ?あれってパンツじゃなくてインドの国旗じゃない?!
よっしゃー合ってた!時間も15時45分!ギリギリセーフ!

ヒューヒュー!間に合った!!!



間に合った・・・?



ク、クローズ???
DSCN0004.jpg

でも中にはまだ人がいる。
あの時風呂に入らなければ間に合ったのか!
くそ・・・そんなばかな・・・。

そのとき、ヨヨヨと泣き崩れる私の側を
一人の女性がダッシュですり抜け、
申請センターへ入っていった。l
え?!そうなの?いいの?
おずおずと中に入り、整理券を引き抜いた私は、
「外のCLOSEの張り紙取っとけよ・・・」と悪態をつきながら
順番待ちをしました。

申請はスムーズに終わり、金曜日に受け取りです。

外に出ると木枯らしが吹き荒れていました。
空を見て「寒い・・」とつぶやき、涙をまたひとつこぼしたのでした。

テーマ : インド - ジャンル : 海外情報

17:26  |  2009年インド_準備編  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。