2010年06月 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.04 (Fri)

このセリフ・・・!!!

インドの大学に留学します!と高らかに宣言してから
いい感じに日が経っていると思いませんか?

不安定な政治のせいでしょうね。
深雪です。

さて、留学の話を書こう。
書き留めなければ。

まず、BHU(バラナシ・ヒンドゥー・大学)ってどんな大学なのかと。
こんな大学です。

大きな地図で見る

画面下半分にある半円状の道はすべて大学で、
どれくらい大きいかというと、大学の門から私が勉強するであろう
教室までは徒歩25分ほどかかります。
それでもまだまだ大学の手前のほうなので、
お金持ちの大学生は大学構内をバイクで移動します。
大学内には病院やら寺やら銀行やら、
もうてんやわんや。これは町っていう括りでいいんじゃないか。

そして私が入るのは外国人専用のヒンディー語学科。
文字の読み書きから発音から文法と、
簡単な会話が一通りできるようになるまでに1年かかります。
そりゃー週4日の一回90分だったら一年かかるわ!

ヒンディー語学科に関しては(授業の時間的には)ゆる~いのですが、
ここに在籍しているインド人はみんな頭脳明晰のお金持ちだとか。
真偽のほどは不明だけれど、
レベルが高い大学であることは確かだと思われる。

この話をしたときに、「え!入試受かったの?!すご~い!」
的なことを言われるけれど、そもそも考えてみてよって!
英語もヒンディー語もできない私が入試受からないって!

以前銀行の振込み証明をインドで作ったときに、
書類の書き方が分からなくて質問したことがある。
「ここって何書くんですか?」
(実際は欄を指差して"What?"と言っただけ)って聞いたら、

「名前だよ」

だってさ!
だったら「name」って書きなよ!
「signature」じゃ分からんでしょうに!

そんなレベルの私が入試受かるわけないない!

そうです。金を積めば入れるのです。
スバラシイ・オブ・ライフ!

さて、入学手続きを済ませて帰国し、(この詳細は後日)
ふと気が付いたことがあります。

「英語できないと授業分かんないんじゃねぇ?」

一難去ってまた一難とはこのことか。
どうする私。

今から英語を勉強するか。
いやいや。無理だ。
今から勉強したところでたかが知れてる。
っていうか、こんな短期間で授業が理解できるほど
英語を理解することができるなら、
もうとっくにやってるし、テストで20点とか取らないはずだし。

そもそも英語勉強する気全然ないし。

やる気が起きないのなら付け焼刃で勉強しても無駄だと感じた。
いまさら勉強したって、このヒンディー語の意味は~ですって言われて
理解できなかったら意味ないない。

しかもその可能性、超高い。

そして私が考えた唯一の方法。

一年分の勉強をしてから行こう。

それいいじゃん!超アタマE!
みゆちゃん超スバラP!!!

そして勉強すること3週間。
一日12時間勉強を3週間。






終わっちゃった。一年分の勉強の範囲。

やればできる。

生まれて初めてこんなに勉強したわーって、
うっきうきのわっくわくで
ドキがムネムネだったわたしに、
母が言いました。






「勉強のしすぎよ。ちょっと休んだら?」

これ、ドラマの中の言葉じゃないのか。
惜しかった。録音しとけばよかった。
着メロにしたかった。畜生!

24歳で言われる言葉じゃないかもっていうのはさておきね。

これで私もアッチ側の人間にちょっと近づいて、
ますますアレな人間に近づいたってことですよ。

さぁ、BHUとはなんぞやということはほとんど分からない結果で終わるのは
非常に心苦しいのですが、
世の中にはGoogleという便利なものがあるので、
それで調べたら結構分かると思うんだ。

それで勘弁してください。
スポンサーサイト

テーマ : インド - ジャンル : 海外情報

22:16  |  2010年インド_準備編  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。