2017年04月 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.09.15 (Tue)

デリーに到着!

空港に着くと換金所が2つ。

トーマスクックと現地の銀行的なちょっとしょぼい方。
トーマスクックが綺麗だったので、
そっちに並んでみることに。
みんな並んでるしね!

そして、とりあえず300ドルをルピーに替えるべく、
順番を待つ。待つ。待つ。

そして30分後、ようやくわたしの番が回ってきた。
いそいそとドルを差し出すと、
ターバンでひげ面の絵に描いたようなインド人は
ものすごい不機嫌な顔で私の300ドルを一瞥すると、
隣の換金所へ誘導した。

え!あたしのドルはここでは変えてくれないの?!
あたしのドルとみんなのドルは何か違うの?!

結局意味不明なままに隣の換金所に並ぶ。
あのターバンとは仲良くなれない。

ようやく換金してもらい、
聖書(地球の歩きかた)に書いてあったとおりに
ちゃんと現金があるかをその場で確認する。
後ろの人に凄く嫌な顔されていたと思うけど、
私の目は前にしかついていないので気にしません。

全額あったのでその足で外への自動ドアを出る。

出た。

そこで私はアイドルになった。

100人はいるんじゃないかと思うようなインド人。
正直引いた。
空港で出待ちされているアイドルになった気分。
意味もなくニヤニヤしてしまうのを抑え、
自分の名前を書いたプレートを持つ人を捜す。

『MUYUKU』

あ、半分しか合ってないけど多分これだ。
苗字も半分しか合ってないけど、多分これだ。

インドクオリティを目の当たりにして、
テンションMAXになった私は、
ターバンの無愛想な(またターバン)インド人に親指を立てて、

「YOU☆」

と結構大きな声で言った。
今考えるとなにこのテンション、気持ち悪い。

そんな気持ち悪い日本人アワードを総なめの私を一瞥すると、
「ハァ?」と聞こえそうなほど首を傾げ、すたすたと去ってしまった。

ちょちょちょちょちょ!!!

あわてて追いかけると、すごくボロい乗用車が私を待っていた。
どのくらいボロいかというと、
サイドミラーがガムテープでくっついているくらい。

私が換金所であたふたして汗を流していた頃、
先に相乗りの人が待っていたらしく、
稲穂のように恐縮した。すみませんでした。

同じくシゲタトラベルにお世話になる魂胆の人と
車中に乗り込み、
「インド人に私が待っていたのはあなたの車ですって伝えたら
首を傾げられてさー!」という話をすると、
「インド人は、OKのときに首を横にかしげるらしい」と教えてくれた。

紛らわしい!!!

速攻で打ち解けた私たちを待っていたのは、
恐ろしい運転技術だった。

それは、ターバンの彼がシューマッハばりの
ドライビングテクをもっているわけでもなんでもなくて、
車庫入れの出来ない私の方が明らかに安全だという
運転という意味です。

他の車もそうなのでインドという国が
そういう風土だと思うのだけれど、
とにかく車を飛ばす。
クランクションは鳴っていない時間の方が短い。
逆走なんて屁とも思っていない。
近くの車は叩いてどかす。


せっかく打ち解けた私たちは、
終始無言で(というか絶句して喋れず)シゲタトラベルに
到着したのだった。
スポンサーサイト

テーマ : インド - ジャンル : 海外情報

00:55  |  2008年インド_BLOG  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。